うつ病を治療するためには│症状について詳しく調べましょう

身体に起こる様々な症状

医者

うつ病は精神的な病気と思う人が多いですが、精神的な症状によって身体にも様々な症状が起きてしまいます。症状の1つが睡眠障害で、他の種類のうつ病でも睡眠に関する症状が起きているのです。睡眠をしている最中に、ちょっとした物音で起きてしまいそれが気になって眠ることができなくなる中途覚醒という症状があります。中途覚醒は十分な睡眠を取ることができなくなってしまい、それによって疲労が溜まってしまったり、日中に激しい睡魔に襲われてしまったりするでしょう。他にも眠りたくても眠ることのできない不眠症などがあります。不眠症は、寝始めて寝付くのに2時間以上かかってしまい、それが1ヶ月間続いてしまう状態のことをいいますので、このような症状に心当たりがある人はうつ病の症状かもしれません。逆に十分な睡眠時間を取っているはずなのに、眠気が取れずにいるか急な眠気に襲われてしまうなどの過剰睡眠などがあります。このように睡眠に関する症状はうつ病に大きく関係しています。

うつ病によって起こる身体の症状には食欲不振や過食症などがあるのです。精神に起こる症状の意欲の低下では、好きな食べものを食べても美味しいと感じることがありませんので、食事に関する意欲も薄れてしまい食事を摂ることが苦痛になってしまい食欲不振になってしまいます。食欲不振が続いてしまうと、食事によって補給されていた栄養を摂取することができないため、健康状態はどんどん悪化していきそれによってうつ病が悪化していくでしょう。また、うつ病のストレスによって食事の量が増えてしまい、それがエスカレートしてしまい過食症を患ってしまうかもしれません。過食症になってしまうと、体重が急に増えてしまい足腰に多大な負担をかけてしまうでしょう。食べる量が一気に増えてしまうことによって、胃腸などの消化器系にも負担をかけてしまい最悪の場合は内臓系の疾患を併発するでしょう。食欲不振は疲れで食欲がないだけと勘違いしてしまいますが、過食症はすぐに気づくことができますので食事の量が増えたという人はすぐに病院で検査を受けてください。

身体に起きてしまう症状には身体の至る所が痺れたり、痛みだしたりするという症状がありますがこれらは血行障害によって起きてしまうのです。うつ病を発症してしまうと、自立神経系に異常をきたしてしまいそれによって血行障害も発症してしまうでしょう。それが原因で手足が痺れてしまい、血流が悪くなってしまうことによって身体の部位が痛みだしてしまうのです。他にも運動機能にも異常が出てしまい、身体をゆっくりとしか動かせなくなったり、声を上手く出すことができなくなったりしてしまうでしょう。これらの症状は精神の疲労が関係していて、それによって上手く動かなくなってしまい、喋ることも難しくなってしまうのです。これらの症状は別々に起こることがありますが、ほとんどの症状が併発している場合は、高い確率でうつ病を患っているといえますので早めに検査を受けるようにしましょう。