うつ病を治療するためには│症状について詳しく調べましょう

症状に応じた治療

カウンセリング

医療機関を受診しよう

「心の風邪」とも呼ばれる病気を知っているでしょうか。それは、うつ病です。風邪は誰でもなる可能性のある病気です。早めに治療をすればその分回復も早くなりますが、治療が遅れた時には、回復までに時間がかかるだけではなく、合併症を引き起こすなどして最悪の場合には死に至る可能性もあります。一般的な風邪は発熱や咳、鼻汁などの目で見える症状です。しかし、心の風邪には目で見える症状は最初のうちはありません。うつ病の初期症状としては、不眠や気分の落ち込み、やる気が出ないなどが一般的です。しかし、このような症状は誰しもが一度は感じたことがある一般的なものなのでは無いでしょうか。このような状態が2週間以上続くという場合には、うつ病を疑ってみる必要があります。うつ病は専門医のもとで治療を受ける必要のある病気です。医療機関を受診する際には、精神科もしくは精神神経科を受診するようにしましょう。ただし、精神科に通うのに抵抗があるという場合やかかりつけ医がいるという場合には、そちらを最初に受診し、必要に応じて医療機関を紹介してもらうという方法もあります。最近では、メンタルヘルスクリニックなどもあり、精神科と比べて受信しやすいと感じる人も多いようです。

再発の可能性もある

うつ病の症状は多岐に渡ります。また、治療法に関しても一人ひとり異なります。医療機関を受診すれば、現在の状態や環境、性格などを考慮した上で治療法が決められます。主な治療方法は、休養・精神療法・薬物療法です。うつ病の症状の一つに気分の落ち込みがあります。休んでいる事が悪いことであると感じるかもしれませんが、休むということ、リラックスした時間を過ごすということは決して悪いわけではありません。休養により、疲れたカラダとココロを回復へと向かわせるためには非常に重要な時間であると考えるようにしましょう。うつ病は一度症状が良くなったと思っても、少しのきっかけで再発してしまう可能性が高くなっています。特に薬物療法を行っており、症状が良くなったからと言って、医師の指示に従わず勝手に減薬もしくは内服を中止してしまうと、再発しやすいという特徴がありますので、注意が必要です。うつ病の治療効果はすぐに出るわけではありません。治療にはある程度の時間が必要となります。そのため、自己判断で治療を中止することは避けるようにしましょう。また、治療を続けていて、症状が悪化しているように感じた時には、早めに医師に相談するようにしましょう。