うつ病を治療するためには│症状について詳しく調べましょう

病気を理解しよう

笑顔の女の人

周囲の支えも大切

テレビや雑誌でうつ病に関する特集が組まれているのを目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。以前に比べて、うつ病という病気は多くの人が把握している認知度の高い病気となりました。しかし、症状や病気の特徴を知ってはいるけれど、どのように対応したら良いか分からないという人も少なくはありません。うつ病の患者数は年々増加しており、その数は90万人を超えるとも言われています。誰でもがなる可能性がありますので、まずは病気を理解するということから始めましょう。その上で、適切な対応を取ることが大切になります。励ましたり、外出に誘うなど一見すると症状を軽減させようという想いから行う行動が、逆効果となってしまうこともあります。特に、家族がうつ病になった場合には、症状の出方によっては振り回されてしまうという事もあるかもしれません。うつ病のような症状があると感じた場合には、早めに医療機関を受診することを勧めるようにしましょう。ただし、無理強いをしてしまうと、逆効果になりかねませんので、注意が必要です。接し方や対応方法については、医師や専門家からのアドバイスを受けるようにするということも大切になります。

無理は禁物

うつ病を発症した場合でも、適切な治療を受けることによりもとの生活に戻ることは出来ます。そのためには、医療機関での治療をしっかりと継続的に受けるということはもちろん、普段の生活でもいくつかのことを気をつけるようにしましょう。まず、生活リズムを立て直すということです。決まった時間に起床・就寝をするなどの生活のリズムと整えることを意識するようにしましょう。うつ病は、一度症状が改善されても、再発をしてしまう可能性があります。また、回復具合や回復に要する期間は一人ひとり異なります。そのため、気持ちが焦ってしまったり、不安に感じてしまうということもあるでしょう。そのような場合には、リワークプログラムを行っている施設を検討してみると良いでしょう。社会復帰に向けたプログラムが用意されており、無理なくもとの生活に戻ることが出来るような対策が取られています。同じような悩みを持つ人と悩みを共有することが出来るという事、専門的な知識を持つスタッフが適切なサポート、アドバイスをしてくれるなどのメリットがあります。うつ病は、無理をしてしまうと再発リスクを高めてしまいます。無理をしない、焦らないという事が患者本人、周囲の人たちには大切になります。